スポンサーリンク

大学を中退したい人は聞け!将来のロードマップを決めてからにしろ

大学中退しようか

安井です
安井です
ようこそ私のブログにお越しくださいました。
初めましてブログ治療家の安井です。
私が長年苦しんだ人生の中で、私が気づき分かった楽に自由な人生を送る秘訣を紹介します。
きっとあなたが助かる方法がありますので、人生をあきらめずのんびり生きていきましょう!
記事の最後には私が救われたユーチューブの動画がありますので、ぜひ見てくださいね。

なぜ大学に行かなければいけないのか?

皆さん、子供の頃から大学に行けるように一生懸命勉強しなさいと両親や先生に言われていたと思います。

日本は大学進学率が非常に高く、最近では誰もが大学に行くのが当たり前の世の中となっています。

皆さんはなぜ大学にいくのか真剣に考えてみたことはありますか?

私も何も考えず受験勉強して大学に進学したものです。

その当時は大学に行く意味など何も考えずただ普通に受験勉強をしていた記憶があります。

大学に行くと企業で働ける可能性が高い

大学に進学すると、大卒者として大手企業や会社に就職しやすい特典があります。

私の両親も私に公務員になって欲しかったと言っていました。

大手企業やそれなりの会社に就職すると、自分の人生が安定し保障される可能性が高いので、誰もが大学に進学して就職しようと考えているのです。

大学に行くと資格を取って専門職につける

また、日本では資格を持った人が優遇される社会でありますので、大学に入って弁護士の資格や公務員の資格を取る人達が非常にたくさんいます。

単純に言えば、将来の仕事やお金のために大学に進学する人達がほとんどだということです。

大学卒業者は社会的にトクをする

大学卒業者は社会的に上のランクに移し、ある程度得をする社会が日本では形成されているのです。

企業としては、大学を卒業していないと、就職できないと決まっている企業もたくさんあり、良い仕事に就こうと思えば大卒者じゃないとダメだということですね。

私もこのようなレールに乗っていて、大学に進学した者ですが、大学在籍中には多くの悩みを持っていました。

結果としては、私は大学を6回生で中退した人間です。

大学を中退するデメリットとは?

大工学生の悩み

大学を中退すると、多くのデメリットが発生すると言われていますが、果たしてどのようなものがあるのでしょうか?

1:中退すると学歴に傷がつく

大学を中退すると、今まで自分が培ってきた、学歴に傷がつくとされ、色々な部分でマイナス評価を下されてしまいます。

当然、就職をするのにも物凄くデメリットがあり、大学中退者は社会の落ちこぼれ者としてあまり良い評価はされません。

また、大学を中退すると遊び人と思われる可能性が結構ありますので、なかなか人間関係でも信用や信頼を身につけることは難しくなります。

2:企業に雇ってもらいにくい

とりあえず一番のデメリットは中退して入社試験を受けようとしてもなかなか試験に合格できないことです。

地方の中小企業などでは働ける可能性はないとは言いませんが、それでも新卒者と比べると多くのハンディキャップを背負っていることになります。

だから、レールに沿った人生を歩もうと思えば、大学を中退するには非常に多くのリスクがあると言えますね。

3:学歴で多少は差別される可能性あり

日本は世界的にも有名な学歴社会の国であり、学歴が高い人間が優れた人間だと思われています。

大学中退をするということは、自分の学歴に傷がつくということですので、世間的な評価もあまり高くはなりません。

私も大学を中退するまでは地域ではエリートの人間だと多くの人に思われていましたが、今ではそんな風に思う人はほとんどいなくなりましたよ。

大学中退のメリットとは?

皆さんが一番知りたいのは、大学を中退した後のメリットだと思います。

果たして大学を辞めて、どのような素晴らしい人生が待っているのか知りたいですよね?

1:自由に生きることができる

私が大学を中退して一番素晴らしいと思ったことは、社会上のレールの世界から外れることで、自由を獲得することができたことです。

会社のために一生懸命働きながら給料をもらう生活から解放されますので、自分の本当にやりたい仕事を選択することができるでしょう。

自由に人生を生きていくということは、最もすばらしい生き方の1つですが、責任がありますのである程度の覚悟も必要となってきますよ。

2:社会の苦しみから解放される可能性がある

私は子供の時代から社会的な苦しみが非常に大きな人間であり、あまり人間関係も得意ではありませんでした。

自分が人から支配されることにものすごく敏感になり、いつも、子供ながらに苦しんでいた経験を持っています。

だから、社会的な人間から離れ、自分の自由に生きていくことができた時から、私は非常に爽快な開放感に包まれました。

3:自分のやりたいことができる

とにかく自由な人生を歩み始めて、自分のやりたいことを何も考えずできる生活を送っています。

私はインターネットでお金を稼ぎたいと、大学時代から思っていましたので、現在ではライターの仕事をして文章を書いたり、ブロガーとして生きています。

私は40歳ぐらいの人間ですが、収入は同年代の人と比べてそれほど多くはありません。

しかし、結婚もしていないので、悠々自適に余裕を持って暮らせていけるだけのお金は稼いでいます。

好きな仕事ができる喜びとは、他のものと比べることができないほど、素晴らしいものなので、大学を中退して私は事実、幸せだと思いました。

大学中退者の私の人生とは?

アウトローの人生

それでは、簡単に私の自由を獲得した生活を紹介していきたいと思います。

なかなか普通の人には考えることができないほど面白い人生を送っているので、是非とも参考にしてみてくださいね。

私は中退して5年間ほどフリーターでした

私は大学を中退して、岡山の実家に帰ってからアルバイトや親の仕事を手伝いながら生計を立てていました。

収入は実家に住んでいますので10万円も稼がなくても十分に生活することができます。

だから、貧乏で悩み苦しんだ経験はあまりありませんが、それでも同年代の人や地域の人からあまり良い目で見られることはありませんでした。

やはりある程度の差別を受けていたと今思えば感じています。

その後はライターやブロガーとして生計を立てていました

5年間ほどフリーターとして仕事をしながら、私はインターネットで生計を立てるチャレンジを始めました。

まず、私はすぐにお金になる、ライターの仕事を選択し、コツコツと文章を書きながらお金を稼ぐ取り組みを始めたのです。

インターネットの仕事はそれほど単価が高い仕事が少ないので1日に5時間ぐらい働いて、月10万円程の収入になりました。

これが高いか安いかといえば、人それぞれですが、私なりにはある程度満足できる仕事内容でした。

現在はブロガーとして生活しています

それから自分で記事を書いてブログで広告収入を稼ごうとブログにチャレンジすることになったのです。

ブログをはじめて2年ぐらいで毎月20万円以上安定して稼ぐことができ、私はブロガーとして成功を収めることになりました。

仕事時間は1日2時間ぐらいで多くの自由な時間を楽しむことができています。

初めはブログなんかでお金が稼げるのか不安でしたが一生懸命勉強してなんとか成功することができたのです。

将来的なロードマップを制定しているのか?

私の場合は、将来的に、インターネットでお金を稼いで生きていきたいと強く思っていたので、大学を辞めてもそれほど道に迷うことはありませんでした。

だから、自分の将来をある程度計画立てて考えておかないと、将来的にはとても不安な人生を送ってしまいます。

多くの人が大学を辞めた後、あまり幸せな生活を送れないでいる理由だと思います。

計画を立てて中退しないとヒドイ目に合う

何度も言いますが、ある程度将来的なロードマップを考えて計画的に生きていかないと自分の人生が台無しになる可能性だってあるのです。

とりあえず社会的にある程度の学歴差別を受けてしまいますので、社会に入って何かをしようと思えばある程度大卒者と比べてハンディキャップがあることを頭に入れておかなければなりません。

私の場合は社会に入ることはありませんでしたが、社会に入らないとお金が稼げない人は死活問題になると思います。

1番大切なのは収入源の確保

社会から外れて自分で生きていこうと思えば当然お金の問題が大きく、自分の肩にのしかかってきます。

親の援助をある程度受けることができる人は、それほど苦労することもないと思いますが一生涯そんな生活をするわけにはいきませんよね。

自分の収入源をしっかりと決めておかないと、後々悲惨な人生を歩む可能性だってあるわけです。

両親に心配させないこと

私は一応何ともエリートコースを歩んでいた人間で、大学を中退すると親に相談した時には親は泣きそうになりました。

それから両親に大きな心配をかけていたことも事実ですので、私はなんとか早く生計を立てて充実しないといけないと常に思っていました。

やっぱり親を泣かせたり心配をかけるということは、子供として、あまりやらない方が良いと思いますので、親を安心させるだけの幸せを掴まないといけませんよね。

大学を中退したい人はフリーランスを目指せ

大学を中退して再び社会に入ろうと思えば当然大きなデメリットを背負うことになるので、私はフリーランスとして個人で仕事をすることをおすすめします。

最近ではインターネットの発達によりインターネットで多くの仕事がこなせる時代となっています。

ある程度のスキルを身につければ、それなりのお金になりますので、フリーランスとしてネットでお金を稼ぐ努力をしてみてください。

現在はフリーランス文化が盛ん

私がフリーランスとしてネットでお金を稼ごうと思った理由は、その当時ブログブームが日本全国で湧き上がっていたからです。

ブログを書いて、悠々自適な生活を送っている人が話題となり、私にもそうできないか真剣に考えるようになりました。

現在でも、ブログで生計を立てている人は、ネットの世界ではヒーロー扱いされていますので、あなたもそんな夢を追ってブログを書いてみても良いかもしれませんね。

フリーランスとして生きていくことができれば、人生の成功者の1人でありますので一発逆転の幸せな人生を獲得することができるかもしれません。

ネットでお金稼ぎも可能な時代に

ネットでお金を稼げるなんて、夢の世界だと多くの人は考えがちですが、実際お金を稼ごうと思えばそれほど難しいことではありません。

しかし、ネットの世界は単価が非常に安いので、初心者の時に多くのお金を稼ごうと思えば、長時間労働になってしまいます。

だから、ある程度自分のスキルや実力をアップさせるために勉強や訓練をしなければ、いつまでたっても割に合わない仕事をしなければならないですよ。

ただ、楽をしたいが為にブログを書いたり、ライターの仕事をするということは非常に危険ですので稼げない可能性が高いことを肝に銘じてください。

まとめ

大学を中退したいと決断をした人は、その後の人生で幸せになるか、不幸になるか重大な決断をしなければなりません。

ただ、遊びたいがために大学を辞めたというのは非常に危険な発想なので要注意です。

大学を中退するメリットやデメリットはたくさんあり、これを頭に入れて計画的に生きることができれば幸せな人生はすぐそこです。

社会に入らないことにより自由を獲得することができるので、お金の問題さえ解決できれば社会人よりはるかに幸せな人生を送ることができるのですよ。

軽はずみに大学中退を考えるのではなく、もう少し計画的な将来の設計図を描いて実行に移しましょう。

現在は将来の悩みや苦しみは自宅でお金を稼ぐことで解決する

私も大学生時代から社会に適応するのが難しく、現在や将来の不安を強く感じていました。

本当に社会で死に物狂いでお金を稼ぎ、好きでもない人間関係を持つのは苦しいですよね。

しかし、私はネットで自宅で仕事ができたり副業ができると知り人生を変えることができたのです。

皆さんも私みたいに社会のお金稼ぎや人間関係で苦しまない人生を送る未来が来ますよ。

詳しくは以下の記事を読んでください。詳しく解説しています。

関連記事もどうぞ

記事を読んでも解決しない人へ。【私はこれを見て助かりました】

※この動画は苦しみから助かる方法をストーリーで見ることができます

☑️苦しい状態の人はうつ病かうつ病予備軍の可能性大
☑️私も初めは自分は違うと思っていました
☑️とにかく動画を見てみることをお勧めします

①うつ病を経験したわたしから、大切なメッセージ【アニメーション版】
②うつ病を経験した私が、お医者さんに伝えたこと【アニメーション版】
死にたい人に読んでほしいブログ著者
この記事を書いたい人
安井 荘太郎

学生時代から精神的に弱く死にたい気持ちで悩み苦しんでいました。
現在は岡山の田舎でブログを書きながらのんびりセミリタイア生活をしています。

安井 荘太郎をフォローする
学生の悩み
スポンサーリンク
死にたい人に読んで欲しいブログ