無料!Amazon1位 これ読んでみて!死にたい人生大逆転!

※この無料本読んで私の人生は激変しました。あなたの人生も変わります!
安井荘太郎
安井荘太郎
死にたい私を助けてくれた本! 私はこの本を読んで初めて人生の自由を知りました あなたにもぜひ読んでほしい!
f:id:yasuisoutarou19:20180911170305p:plain 私はこの無料電子書籍を読んで社会から離れて自由に生きていけました! 1日2時間ぐらいの仕事時間で、余裕のある暮らしを手に入れましょう。

☑️ 自由にお金を稼ぐ

☑️ 社会や学校から自由な人生

☑️ 嫌なことをしないで良い人生

安井荘太郎
安井荘太郎
【私の楽園生活のバイブルです!】 【無料ダウンロード】自由な人生を手に入れる教科書
無料キャンペーン中!人生が劇的に変わります。5000件を超える読者の感想あり。

何もすることがない退屈な人生ですか?【目標設定であなたは変われる】

暇な人生

スポンサーリンク

何もすることがない人は暇だから

人生生きていると何もすることがなく暇でどうしようもないことがあります。

私も大学生時代から目標や理想が全くなくいつも手持ちぶたさな状態でした。

このように何もすることがない状態というものは人間がダメになっていく可能性が非常に高く、何とかして自分のやるべきことを見つけなければいけません。

肉体は動くために存在しているので、何もせずにじっとしていれば精神病にかかってしまいますよ。

人間は何もしたくない人が多い

しかし多くの人たちは何もすることもなく長時間テレビを見ていたり、スマートフォンやYouTube を見ている人達も多いと思います。

心の奥のどこかで何もせずにゆっくりとのんびりとしたいという気持ちはわからないでもありませんが、ある程度若い世代ならば体を動かして行動しなければだめですよ。

私の両親はもう七十歳ぐらいにはなるのですが、父親は家で何もすることもなくいつもテレビを見ています。

そのような父親は非常にストレスが溜まってしまっていて、いつも苦しそうな顔をしているのが印象的でした。

現実世界が忙しすぎる

日本社会というのはとても忙しくせっせと働いている人達が多いですね。

このような人たちは時間に追われていて、何もしない暇な時間を求めていると思われます。

ゆっくりと体を横たえてのんびりするのは気持ちが良いことですが、何もすることがなかったら手持ちぶたさになってしまいあまり充実した時間を過ごすことはできませんよね。

特にお年寄りになってしまえば、若い頃のように肉体を存分に使った楽しい人生は読むことは難しく、どこか不幸を感じる人達が多いのも特徴です。

何もすることがない人は夢や理想がない人

私は大学生時代に夢や理想を完全に失ってしまい、レールの世界から外れ転落して生きました。

人間というものは目標がなければだらけてしまって、 不幸な人生を送る可能性が非常に高くなってしまいます。

そうならないためにも、毎日自分のすることをきちんと決めておいて目標を立てて生活を組み立てることが重要ですよ。

目標や理想がない人は、毎日自分がするべき仕事や家事を見つけておくことが重要です。

ダメダメ人間になって社会の中から没落しないためにも、将来に向かって夢や理想を持ちながら目標を立てて生活することは必要です。

あなたは夢や理想を持っていますか?

最近の若者は遊びに夢中で将来的な夢や理想を持っていない人達が非常に多くいます。

夢や理想を持つということはとても楽しいことですし、人生の生きがいにダイレクトに反映されますのできちんと自分の将来に夢や理想を求めていきましょう。

もし何もないのならば、将来になりたい自分を想像してそれに向けて歩いていくことが重要です。

ふらふらと遊んでばかりいても全く充実した人生を送ることはできませんので、夢に向かって近づいていく感覚を楽しみながら人生を歩いて行ってください。

生きる張り合いを見つけよう

人間の精神は何かをしている時に最も幸せな感覚を感じるようになっています。

生きる張り合いを見つけて一生懸命何かをしている時が一番幸せであり、何もすることもなくぼんやりと生きていては人生の楽しみを見つけることは難しいです。

私も勉強やスポーツがしたくなくて大学生時代には何もしませんでしたが、現在思い出してみると本当に無駄な時間を過ごしたと後悔しています。

どんな些細なことでも一生懸命取り組むことによって幸せな感覚を感じるようになりますよ。

もし自分の人生がダメな人生だと感じている人は、将来的に向けて生きる張り合いを持って夢や理想を追っていきましょう。

人生の目標設定が大切

人生の目標

人生は何に向かって歩んでいくのかはっきりとした目標がなければいけません。

目標地点を見失って山登りをしていると、迷ってしまう可能性が非常に高く遭難する可能性だってあるのです。

これは人生と全く同じて、目標持たずに着ていくという行為は自分自身の迷いに直結してしまいます。

自分が目指すべき目標設定をしっかりとして、それに向けて毎日コツコツと努力を積み重ねていくことが人生の生きがいにもなるのです。

私も現在はブログを書きながら毎日アクセスを取得しています。

ブログのアクセスが増えていくほどとてもブログを書くのが楽しくてたまらなくなりますので、きちんとした目標設定をすることで毎日が張り合いがあって楽しいですよ。

目標を見失ったら人間はダメになる

私の幼少期からの友達で天才と呼ばれた人がいますが、彼は現在普通のサラリーマンとして水道関係の仕事をしているようです。

子供の頃は一流の私立大学に行き将来を期待されていましたが、彼は人生の途中で目標を見失ってしまい何をするのも嫌になってしまったそうです。

このようにどんなに素晴らしい人間やすごい人間でも、目標設定を持つことができなければダメダメ人間として生きる可能性が高いのです。

あなたがもし人生に投げやりになっているのならば、それはきちんとした目標設定ができていないからかもしれませんね。

達成感と充実感が大切

目標設定してコツコツと努力していくと、ある日突然自分の目標が達成されている瞬間に立ち会うことができます。

この時の達成感と充実感は並外れたものがありますので、是非とも目標に向かって毎日少しずつでも努力してくださいね。

マラソン選手もボールを切るためにコツコツと走りながら目標を達成するために走っています。

ゴールを切った瞬間はどんなものにも代え難いほど幸せだと言われています。

この達成感と充実感が人生の最大の幸せを生み出すものでありますので、皆さんも自分に合った目標を設定してゴールに向けて走ったり歩いたりしてくださいね。

1日のルーティーンワークを決めよう

何もすることがない人はその多くは毎日の生活が決まっていません。

毎日何をするのかもわからない状態で、その時よりの感情や気持ちで行動を決めてしまっています。

プロのスポーツ選手で多いのですが、きちんとした1日のルーティンワークを決めておいていつもこうどうしています。

こうすることによって何もすることがない不幸な心理状態を解消することができます。

毎日決まりきったルーティンワークをしていくということは退屈かもしれませんが、それでもある程度慣れてくれば非常に充実感を感じるようになるのです。

毎日自分のすることをきちんと決めておいて、それを行動に移しながら毎日の生活を組み立ててみてください。

ある程度慣れてくればなんとも言えないほど幸せを感じるようになりますよ。

何もすることがないならやるべきことを決めておこう

まずは1日で仕事や家庭で自分のやるべきことを紙に書き出しそれを実践していきましょう。

決まったことができた時の達成感を感じながら、毎日やるべきことをきちんと作っておくことです。

手持ちぶたさな状態がなくなりますので、何もすることがないと不幸を感じることも少なくなりますよ。

私の場合も仕事の他に家で家事の手伝いをすることがたくさんあります。

この家事の手伝いをすることによって家での生活が非常に安定してくるのです。

ルーティンワークの効果とは?

ルーティンワークの効果はとにかく自分の内面が安定し、何もすることがない暇な状態から抜け出すことができます。

私は家で何もすることがないときにはいつもゲームをしていましたが、現在はすることをきちんと決めているのでゲームばかりして無駄な時間を使うことはほとんどなくなりました。

するべきことがきちんと決まっていれば本当に幸せを感じやすくなる精神状態になります。

安定した生活が安定した幸福を生み出すきっかけとなるので、ぜひあなたもルーティンワークを毎日の生活に取り入れてみてください。

退屈な人生の人は行動的な人間へと生まれ変われ

行動しろ

何もすることがない退屈な人生を送っている人は行動的な人生を送れていない人です。

前にも話しましたが人間の肉体は動かすために存在しているので、体を動かしたり運動をしなければ肉体はどんどんと苦しくなってしまいます。

肉体が疲れた時にはゆっくりと休むことが幸せですが、肉体が元気な時にはある程度を動かさないとどんどんと辛くなってしまいますよ。

精神的に病気を抱えている大部分の人は、体をなかなか動かさず運動不足だと言われています。

運動はすると脳内のドーパミンが増えた状態になり幸せを感じやすくなるのです。

行動的な人間へと生まれ変わることによって人生をより幸せに生きていくことができるでしょう。

人間肉体を動くために存在する

人間の肉体は動くために存在しているので、とにかく体力を持て余している人達は運動することをお勧めします。

私の場合は毎日朝と夕方にウォーキングをして夜寝る前に体が疲れるような状態に持って行っています。

運動すると何とも言えないほど肉体が快感で、その後ゆっくりとお茶を飲みながら公園で休憩をする時間が何とも言えないほど最高の時間ですよ。

不幸を感じているならば肉体を動かすことによって幸せな時を過ごすことができます。

動かないと自律神経が異常になる

最近日本では自律神経失調症の患者さんが大量に増えていて、これはスマートフォンやパソコンで長時間運動をしない生活をしているからだと言われています。

私も若い時代にこの病気を発病してしまいましたが、その時は家でゲームをしたりパチンコをしたり何も動かない時間が非常に長かったです。

お医者さんから言われたことは、とにかく肉体を動かして体を疲れさせて夜ぐっすり眠ることで病気が回復するらしいです。

私もそれからウォーキングをしたりストレッチや体操をするようになりました。

運動をして1年ぐらい経つと何とも言えないほど体が軽くなり幸せを感じる肉体へと大変身を遂げたのです。

是非皆さんも運動をして心地よい体を作っていきましょうね。

何もすることがない人生は1日を大切にしない人生

1日の積み重ねが一生を形作っているように、毎日を投げやりに過ごしていては幸せな人生を送ることは非常に難しいと言わざるえません。

私もこのことに気づいたのが35歳ぐらいですので、あまり自慢できることではありませんが、1日を大切に生きていく中で人生の喜びや幸せを見つけることができました。

とても些細なことかもしれませんが、家の家事をしていたり散歩などをしている時にものすごい幸せを感じれるようになっています。

毎日を大切に生きていくことは、今までの自分の価値観がひっくり返るようなとても大切なことですので、今まで気づかなかった幸せに気づける人間へと成長するでしょう。

退屈な人生なんてうんざりですよね。

毎日をもっと丁寧に送ろう

毎日が特別な日だと大げさに遊んだり一生懸命何かに打ち込んだりする人達も多いのですが、毎日同じような生活を繰り返していく人生というものも素晴らしいものですよ。

大切に1日を生きながら変わらない日常を楽しむことはとても高尚なことです。

若い時には気付けなかった様々な幸せを見つけることができますし、問題やトラブルがとんど発生しないので悩み苦しむこともありません。

何もすることがないと悩んでいる人は毎日同じことを継続的にやり続けていくことによって、今までの人生とはまた違った楽しみ方ができるようになりますよ。

1日の積み重ねで退屈な人生をやめろ

私は大学生時代に人生に悲観してしまう投げやりな人生を毎日を送っていました。

そんな時には遊ぶことばかり考えてしまい、多くのお金を浪費しながら最悪の毎日を送っていたのです。

1日何かをすることで人生の安定感ができてきますので、同じやるべきことをルーティンワークとして実践していくことが重要ですよ。

もっと毎日を大切にして安定的な幸せを追求していくことが人生の道の答えだと思います。

多くの悩み苦しめる人は人生が安定せずに、幸せと不幸が交互に入り乱れた人生を送っている人たちだと思います。

1日のコツコツとした同じ行動があなたの人生を退屈な人生から幸せな人生に安定させてくれるでしょう。

まとめ

何もすることがないと多くの若者が毎日の生活を投げやりに過ごしていて、幸せを実感する前に家を送ることができないでいます。

何もすることがないのは行動することができない人に現れる特徴であって、毎日のコツコツとした積み重ねによって日々の生活が安定し充実感を感じれるようになります。

これは修行と全く同じことですが、怠惰で無駄な人生を送ることは人生を有意義に過ごせていけない一番の原因ですよ。

きちんと目標や夢を設定しておいて、それに向けて毎日生活していくことが最も幸せな人生だと私は思っています。

今日からでも自分の人生に目標を設定して毎日の生活習慣を変化させていきましょう。

そうすれば何もすることがないこと人生に絶望することもありませんよ。

関連記事もどうぞ

死にたい人に読んでほしいブログ著者
この記事を書いたい人
安井 荘太郎

学生時代から精神的に弱く死にたい気持ちで悩み苦しんでいました。
現在は岡山の田舎でブログを書きながらのんびりセミリタイア生活をしています。

安井 荘太郎をフォローする
生き方の悩み
スポンサーリンク
死にたい人に読んで欲しいブログ