無料!Amazon1位 これ読んでみて!死にたい人生大逆転!

※この無料本読んで私の人生は激変しました。あなたの人生も変わります!
安井荘太郎
安井荘太郎
死にたい私を助けてくれた本! 私はこの本を読んで初めて人生の自由を知りました あなたにもぜひ読んでほしい!
f:id:yasuisoutarou19:20180911170305p:plain 私はこの無料電子書籍を読んで社会から離れて自由に生きていけました! 1日2時間ぐらいの仕事時間で、余裕のある暮らしを手に入れましょう。

☑️ 自由にお金を稼ぐ

☑️ 社会や学校から自由な人生

☑️ 嫌なことをしないで良い人生

安井荘太郎
安井荘太郎
【私の楽園生活のバイブルです!】 【無料ダウンロード】自由な人生を手に入れる教科書
無料キャンペーン中!人生が劇的に変わります。5000件を超える読者の感想あり。

生まれ変わりたい人はこうしろ!【新しい人生をスタートさせる方法】

あきらめの人生

スポンサーリンク

生まれ変わりたい人生はあきらめの人生

人間誰しもやっていることが全くうまくいかず人生を投げやりになってしまう人達が非常にたくさんいます。

私も若い時代にはそうでしたが、自分の人生に悲観してしまう楽しいことが全くなく生まれ変わりたいといつも思っていました。

このまま死んでしまったら今までの苦しみがなくなると本気で思っていたので、死んで生まれ変わりたいと頭から離れませんでした。

誰もが一度は経験すると思いますが、人生というものは自分が思うようにすべてがうまくいくとは限りません。

このように苦しいことがたくさんある自分の人生の中で、どのようにして将来に夢を希望を持つか難しい問題ですよね。

今を生きることに力を使う

私たちは過去の不幸なことを考えて、それをどうにかしようと無意味な努力を重ね続けています。

未来のことなら現在の努力でなんとかなるかもしれませんが、過去のことは過ぎ去ったことなのでどうあがいてもどうにもならないのです。

考え方や価値観の変化で過去の苦しみから脱却することはできますが、一番理想的な解決方法は今を生きることに全力を使うことですよ。

私もあの時ああしていればよかったといつも思ったりしますが、過去の行動は変えることはできないので現在と未来のために行動をして行くことに決めています。

どうにもできないことで苦しむのは人間の特徴ですが、今の行動を変えることによって未来の自分自身も変わっていくことを知る必要があります。

理想の自分は何かはっきりさせる

私たちは自由な世の中で何でもできる行動力さえあれば、自分がなりたいものや理想の自分になることだってできるのです。

しかし多くの悩める人は、理想の自分がはっきりしておらず暗闇の中で生きているようなものです。

本当になりたい自分が分かっていればそれに向けて現在努力すれば良いだけであって、色々と悩み苦しむ必要もないのですよ。

私も大学生時代に社会人としての自分を思い描くことができず、立ち止まり遊ぶことによって全てを忘れていました。

自分自身を諦めてしまって遊び呆けるということは、自分の人生を台無しにしている証拠ですが。

本当に自分がなりたい自分に向かってコツコツと努力する人生を歩んでいれば、生まれ変わりたいなんて夢にまで思うことはありません。

自由を失っている人が多い

不幸な人生

日本は自由国家であり憲法で国民の自由が保障されています。

しかし多くの人たちはその自由を味わうことなく、社会の中で自分自身を支配さで羽を持たない鳥のように生きている現実があります。

両親や社会の支配の中で、本当に自分が自立して生きる人生を規制されているのです。

若い時に本当に自分がなりたい職業や理想の自分がしっかりしていれば、人間はこれほど苦しい人生を歩むことはないはずです。

皆さんも自分自身の決定権を他人に委ねないように、自分自身の意思によって行動を起こすことがとても重要だと思います。

たとえそれがうまくいかなくても、自分で決めたことなので納得することもできますよ。

人間は自由になって初めて幸福を感じる

私は子供の頃からあまり幸福を感じにくい子供でした。

私が一番幸せと感じていたのは、プライベートの時間に自分の部屋で音楽を聴いたり本を読んだりゲームをすることでした。

やはり人間というものは自由な時間で自分のやりたいことをやるのが一番の幸せだと感じています。

生まれ変わりたいと嘆いている人は、家庭や社会の中で自分の自由を失っている人達が非常にたくさんいます。

もっと自分自身に正直になって、自分の本来の欲望に基づいて人生を再設計することをお勧めします。

他人に作られた自分の人生を生きている中では、本当の人生の喜びが自分自身の幸福を感じることはなかなか難しいでしょう。

社会があなたを支配しているもの

社会というものは大多数の人たちがあつまり大きな物事を成し遂げようとする集団です。

確かに社会の中に入ればあまり悩むこともなく自分がやるべきことも決定されていますよね。

しかし本当にあなたがやりたいことは現在の社会の中でできるでしょうか?

社会というものはあなたに強制力を持ち、あなたの人生は毎日を支配的な形で作り出しているものです。

私も社会の中にいる時には本当の自分自身に気づくことはありませんでしたが、社会から逃避して自由の身になって本当の自分自身の姿を知ることができました。

やっぱり自由にならなければ本当の自分自身の幸福は見つかることは難しいですよね。

生まれ変わりたいぐらいなら行動しよう

行動する人間

私も小さな頃にもっとお金持ちの家に生まれればよかったといつも思っていましたが、結局ないものねだりをしても今の自分を変えることはできません。

私は三十歳を過ぎてぐらいから自分自身の力で人生を変えようと試みることを始めました。

社会から抜け出せば本当の自分のやりたいことも出来ますし、満足度も相当違ってきますよ。

行動することで人生を好転させよう

人間の肉体は行動するために存在しているのであって、何もしないでじっとするために存在しているものではありません。

私は学生時代からテレビを見たり本を読んだりするのが非常に好きでしたが、肉体を全く動かさない生活をしていると苦しくてたまりませんでした。

大学生時代にはゲームやパチンコで画面ばかり見ている生活を送っていたので、私は最終的に自立神経失調症を併発するまでになったのです。

行動をしない人生を送っていると、自分の周囲の物はどんどんと変わっていくのに自分はまったく成長することもありません。

このような生活を続けていると落ちこぼれの人生になってしまい、人生をやり直したいとか生まれ変わりたいだとか本気で考えてしまいます。

肉体は動くためにできている

肉体というものは筋肉があり体を動かすために成り立っています。

子供の時には運動をよくして遊び回っていたと思いますが、体を動かすと快感を覚えるように人間の体はできているのです。

家から運動せずに家の中に閉じこもってじっとしていると、次第に苦しい内面になってしまい人生が台無しになってしまいますよ。

もし今の自分が苦しい状況にあるならば、ウォーキングをしたり散歩をすることによってストレスの発散になり体が快適になってきます。

家の中でテレビばかり見ているとどんどんと精神がうつ状態になってしまい、最終的には死にたい気持ちが湧き上がってくるようになります。

肉体を動かしてストレスを発散して生活することで、苦しい状況から脱却することができますよ。

自分らしい生き方をすれば良い

人間というものは親に教育をされていますが、親というものは自分の思い通りの子供に育てようと一生懸命ですよね。

親は親の人生があって、子供の頃から様々なことを経験しています。

その親が自分の価値観や判断によって子供を教育しているのが実情ですので、果たしてそれが子供にとって幸せなことなのかは誰にもわかりません。

子供時代から幸せを感じにくい子供というものは、ほとんどの場合両親が幸せな人生を歩んでいませんでした。

だから両親の教育とは自立した形で自分で学問を学んだりするのが理想的ですよ。

自分が不幸なのはほとんど両親の影響力のせいですので、早く両親から自由になって本当の自分の幸福を追求しなければなりません。

本当の自分が抑圧される

日本は戦争時代の教育によって、我慢したり耐えて生活しないといけないと教わっていました。

現在のご高齢のお年寄り達は、そのような戦争時代の教育を受けているので、幸せになってはいけないと考えています。

このような人たちの影響を受けてしまうと、自由で幸福の今の時代に苦しんで行ける結果をもたらすのです。

戦争時代と現在の時代は全く違っていますので、本当に幸せを追求しても全く誰にも怒られることもありませんよね。

本当の自分は幸せになりたいと感じるのが当たり前だと思いますが、そういった感じ方に支障をきたすような教育を受けている人達も多いのです。

本当の自分に戻って幸せを追求して人生を最大限に満足することだって今の時代には十分に可能なのですよ。

自分で生きればいつでも生まれ変われる

自分自身で生きていれば、欲求不満に落ちることもなく満足度は果てしなく高いものがあります。

しかし自分に嘘をついて他人の支配の下生きていると、本当の自分が満足できずいつも欲求不満を抱えて生きることになりますよ。

だから自分自身のために生きようとした瞬間に、本当の自分に生まれ変われるものだと考えています。

他人の利益のために自分を押し殺して生きていくことは、昔の教育では素晴らしいものだとされていましたが、現在では不幸な生き方の一つとして定着しています。

1度死んだ人間として生きる

私は長い人生の中で何度も人生をやり直したいのとか、生まれ変わりたいだとか思っていましたが、私は大学生時代に大きな病気を患い一度死んだ人間として現在生きています。

だから過去の不幸な出来事は自分には全く関係なく、新しい自分自身の幸せのために生まれ変わった人生を歩んでいるのです。

過去の不幸なことに足を引っ張られ、現在を幸せに生きていくことができない人は世の中にたくさんいますよね。

そんな人は一度生まれ変わったつもりで新しい人生をスタートさせてみるのも大切ですよ。

死んだつもりで生きれば新しい人生だ

私は過去の自分を捨て去ることがなかなかできず、大学時代には3年間留年して死に物狂いで悩み苦しみました。

それは過去に両親や学校から受けた教育が大きく私の自由を束縛していたのです。

親に認めてもらうためだとか、親を喜ばせるためだとかで私は自分の人生を自分らしく生きることができませんでした。

もう一度生まれ変わって新しい人生をやり直したいと常に思っていましたが、それでも死ぬ勇気もなければ過去の自分を捨て去る勇気もなかったのです。

私が本当の自分自身で人生を再スタートさせたのが30歳を超えたぐらいでした。

過去を捨て去る勇気も必要

自分の過去を捨て去るのは、今までの自分を否定することでもありますので、本当に強い決心と勇気がいることです。

私も学生時代にはエリート人生を歩んでいましたので、そのエリート人生をして去るには相当な覚悟が必要でした。

現在はプライベートの時間を満喫しながら、ブログを書いてありライターの仕事などをして生計を立てています。

社会的な人間ではなくなりましたが、本来の自分らしい生き方ができているので幸福感は昔よりもはるかに強いです。

過去の不幸な自分を捨て去った時に本来の自分が姿を現し、本当の自分自身が発揮されるのです。

私の生まれ変わり体験談

私は子供の頃からストレスが非常に強く、何事にも過敏に反応してしまいいつも苦しんでいました。

人の目が気になったり、人と自分を比較したりしての意味な悩みや苦しみを持っていたのです。

人から見られた時に立派な人間だとかすごい人間だとか、そのような人生送っていたので私はいつも自由が全くありませんでした。

私は30歳になって社会にいることが耐えられなくなり、仕事を退職して個人でお金を稼ぐ道を選択しました。

そこから本当の自分が顔を出してきて、まるで生まれ変わったような新しい人生を生きることができたのです。

子供の頃から生まれ変わりたいといつも思っていましたが、そのような人生はお年寄りになって死ぬまで絶対にありえないと感じていました。

しかし30歳になって私は今までの自分の古い苦しい過去を捨て去ることによって、新しい自分へと変貌することができたのです。

大学で人生が180度変わった

大学時代に私は普通の人間には考えられないほどの大きな悩みの渦の中で生活していました。

もう社会的なことを何もかもすることが嫌になり、大学を辞めて山の中で生活したいと考えていたことも事実です。

人間関係もうまくいかず、社会的な様々なことが自分に過度のストレスを与えていました。

しかしインターネットで様々な情報を見てみると、自由な暮らしを実現している若い人たちがたくさんいる事実に驚いたのです。

私もこのような自由な人生を送りたいと心の中で強く思っていました。

それが実現したのは三十歳を過ぎてですが、私はやっと生まれ変わって人生の幸せを味わうことができたのです。

今までの自分は自分でなかった

今思えば子供の頃から自分は自分ではなく、他人に作られた自分だと今思えば強く感じます。

皆さんも多くの悩み苦しみを持っていると思いますが、現在の状況が自分の望む状況ではなく人に作られた状況の可能性が高いですよね。

自分が本当に求めている自分で生きているならば、人生なんて楽しい人生ですし苦しむことは全くありませんよ。

本来の自分が自分の心の奥底で悲鳴をあげているのならば、素直に自分らしく生きる選択を考える必要があります。

本当の自分で生きることができた時にあなたは本来の自分自身の幸福を感じることができるでしょう。

まとめ

人間は常に今の自分に幻滅し、生まれ変わってもっと幸せな人生を送りたいと常に思ったりします。

これは本来の自分が心の奥の中で閉じ込められている状態で、自分の本位ではない人生を歩んでいるからに他なりません。

ではなぜ自分らしく生きて行くことができないかといえば、それは両親や社会での教育によってそうなっているのです。

本当ならばそんなに多くのお金を稼がなくても自分のやりたいことをやっていればいいはずです。

しかし日本人は多くのお金を稼いでお金持ちの国民がほとんどですよね。

自分らしく生きるということは今までの一般社会常識を疑うところから始めなければなりません。

家庭のためだとか社会のためだとか、そのような与えられた価値観というものが自分を苦しめているのです。

もっと自分らしく自由になれば生まれ変わりたいなどと悩むことはなく、幸せな人生を歩むことは確実にできますよ。

関連記事もどうぞ

死にたい人に読んでほしいブログ著者
この記事を書いたい人
安井 荘太郎

学生時代から精神的に弱く死にたい気持ちで悩み苦しんでいました。
現在は岡山の田舎でブログを書きながらのんびりセミリタイア生活をしています。

安井 荘太郎をフォローする
生き方の悩み
スポンサーリンク
死にたい人に読んで欲しいブログ