▶︎【必見!】お医者さんが教えてくれた「苦しみ」の正体とは?
スポンサーリンク

素直になれないあなたに伝えたい!【他人の意見に素直に耳を傾けろ】

素直になろう

安井です
安井です
ようこそ私のブログにお越しくださいました。
初めましてブログ治療家の安井です。
私が長年苦しんだ人生の中で、私が気づき分かった楽に自由な人生を送る秘訣を紹介します。
きっとあなたが助かる方法がありますので、人生をあきらめずのんびり生きていきましょう!
記事の最後には誰でも無料で相談にのってくれる一般社団法人を紹介しています。

素直になれないのは人を疑っているから

人間誰しも素直になれないことがとても多く、相手に対して否定的になったり疑念を抱いたりするのが当たり前だと思っていました。

しかしもし自分が素直になることができれば、自分の人生は相当大きく変わっていきます。

私も子供の頃から一人に対して素直になることができず、多くの問題やトラブルを抱えたりメリットを享受することができませんでした。

もしあの時あの人の言葉をきちんと聞いて行動に移していれば、自分の人生はもっと大きく変わったのではないかといつも思ってしまいます。

人間はどうしても否定的に考えがち

人間は自分を守るようにできていますので、人の言葉に対して自分を正当化してしまいがちです。

私も大学生時代に両親や友達から色々とアドバイスを受けていましたが、素直になれない自分がいてそれを全く無視した状態で遊びまくっていました。

結果は3年も留年して、社会的なレールの世界から完全に落っこちてしまった形になりました。

友達が何度も私に「きちんと授業に出て単位を撮ろうよ」と言ってくれましたが、私は真剣にその話を聞かず無視を繰り返していたのです。

あの時友達の言葉に耳を傾けて、友達と一緒にきちんと授業に出て単位を取っていればまた違った人生があったのだといつも強く思ってしまいます。

私は何でも自分を正当化したり守ったりする性格でしたので、他人の言葉に素直になれない自分がいつもいました。

他人に同調できない人間は多い

特に男性は他人に同調することが苦手な人たちが多く、唯我独尊の自分の我が道を進んでしまいます。

その道が大失敗の道であっても何も考えず人生を生きてしまうのです。

なんだか他人に同調すれば自分自身が負けていると感じてしまう場合が多く、そのような固定観念によって多くの人たちはもうすごい大きな損をしているのです。

自分が一番すごい人間でないのは誰でもわかると思いますが、特に若い時代に自分を確立するために人と協調できない時期というものは多分にありますように。

そんなときには自分の考えや価値観が全てではないことをきちんとを受け入れないといけませんね。

私も他人の意見をしっかりと聞くことができる大人になってから、人生全てがプラスに働きだし生活も安定してきました。

もっと若い時に人の話を聞いていれば、私はこれほど苦しみもがく人生を送らなかってもだと常に思っています。

しかし素直になれない自分がいるのも分かります。

スポンサードサーチ

人は信頼関係で成り立っている

他人を信頼する

人間は基本信頼関係で成り立っている生物ですので、信頼関係をきちんと作っておかないと誰とも強調して生きていくことはできません。

特に家族同士の信頼関係は非常に大切であり、家族というものは自分を救ってくれる最大の人達であります。

家族で仲が悪かったり反発しあったりしていると、自分の人生は本当にうまくいかないことが多いので注意してくださいね。

私も若い時代に両親は私のことを嫌っていて、私を地獄に落とす落としていると本気で思っていました。

しかし四十歳になった今は昔のことを考えてみると、両親は本当に私のことを思って様々な意見を言ってきてくれたのだと思っています。

若い時にはそれがよく分かりませんでしたが、本当に自分のことを考えてくれていたのは両親であると言うことです。

信頼関係によって社会は成り立っている

人間の社会は支え合って信頼関係の上に成り立っていますので、相手の事を信頼できないでいると社会生活を失敗してしまいます。

全ての関係を信頼関係でひとくくりにすることは難しいかもしれませんが、家族や学校や会社など自分が多くの時間を費やしている社会は信頼しないと生きていけませんよ。

もし信頼関係を作ることができず相手を否定的に見ていると、社会の中で自分は幸せを味わうことは非常に難しくなってしまいます。

だからまず自分の本心を相手にきちんと聞いてもらい、相手に自分を信頼してもらうことから始めないといけません。

そうなって初めて相手の言葉に素直に耳を傾けることもできるということです。

素直になれないのは本当のあなた自身を相手に見せていないからかもしれませんね。

独りよがりの生き方は苦しいよ

人間誰しもひとりよがりの人生を生きてしまい、誰とも強調せずに自分自身の身で生きていると勘違いしてしまいます。

孤独で孤立している人たちの人生は非常に寂しく、誰にも頼ることができないと言うことです。

私も30歳になるぐらいまで他人を信頼することができず孤独な人生を送っていました。

だから困っている時にも誰にも話を聞いてもらうことができず、私は次第に自分で自分を苦しめるような人間会となっていたのです。

金と自分の問題やトラブルを話し合える相手がいれば、もっと人生楽に生きていくことができますので独りよがりの行き方をやめないといけませんね。

スポンサードサーチ

素直になれない自分から脱却する方法

自分の自意識が非常に強い若い時代には、素直になれない時期がとても長く続きますので、 その時に自分の人生や進路についてない女苦しむ人たちが多いです。

私も20歳から30歳まで約10年間苦しみの中でひとりで悩み苦しんでいました。

なんであのとき誰にも相談せずに悩んでいたのかと思えば不思議でたまりませんが、自分自身の認識が非常に高く自分から脱却することが全くできなかったからです。

自意識過剰な自分を何とか薄くして、他人の意見や教えをきちんと受け入れる人間でなければなかなか人生うまくいきませんよね。

もっと私も早い時期にそのことに気づけば無駄な人生を送ることはなかったのだと今でも後悔しています。

人に助けてもらうことも重要だ

人間は誰しも一人で生きていくことは非常に難しく、相当自立心が高い人間でなければ自滅してしまいます。

子供の時からお年寄りになるまで人に助けてもらうことは非常に多く、自分自身の力のみで生きているなんて妄想の世界ですよ。

人に助けてもらってな自分がダメな人間だと思い込むのは簡単ですが、きちんとした人間関係を保ち人に助けを借りることはとても重要です。

人に助けてもらったって何も自分が弱者になるわけではなく、あなたも多くの人達に手を貸してあげれば良いだけです。

だから自分は強い人間だと過信するのはよろしくないということですね。

私もこのことに気づいてから家族の人達に積極的に力を貸してもらえる生活を送ることができました。

家族同士で助け合いながら生きていくという生活スタイルが私にとっては信じられないことだったのです。

他人の意見を受け入れる心が重要

他人の意見を受け入れることはある程度大人になって心が広くなければ難しいかもしれません。

人間誰しも自分が一番正しいと思って生きている場合が多く、自分よりも高いレベルの考えに反発を抱いてしまいます。

もっと広い視野と広い心を持って他人の言葉に耳を傾けることは、あなたの人生をよりよく有意義にしてくれるものでありますよ。

自分自身でできることなんてたかが知れていますので、もっと心をオープンにして人の意見に耳を傾ける人間になってくださいね。

そうすればあなたの人生はもっともっと素晴らしいものへと変わっていくでしょう。

人に過度の期待をするな

私は自分自身で孤立して生きていましたが、両親との関係で非常に若い時代から苦しみを持っていました。

私の両親は私にエリート人生を送って欲しいと強く願っていましたので、私に対して非常に大きな希望やのぞみ思っていたのです。

若い時にはそのことが原因で私は両親と非常に大きく反発してしまいました。

今思えば私のことを思ってしたことではありますが、私の両親は私に過度の期待をする人間だったのです。

人に過度に期待を持つことは人を支配して苦しめることでありますので、あまり人に期待しすぎない方が人生をよりよく生きていけます。

他人と助け合いながら生きていくことも重要ですが、ある程度自分の欲望は自分で解決する人間でなければ人間関係で非常に苦労しますよ。

私も自分のことが自分でできる自立した大人になるのは非常に長い時間かかりました。

三十歳後半になったぐらいから、ある程度自立して生活することができるようになりましたので、それまで私は両親に依存していた部分をとても強かったのです。

他人に対する欲望を少し少なくする

他人に対する欲望を少しでも小さくすることができれば、相手に対して迷惑をかけることも少なくなってきますのでよりよく生きていくことができます。

欲望を小さくすることは若い時には難しいとは思いますが、ある程度年齢を重ねていくと少しずつ欲望も小さくなってきますよ。

大きな欲望に振り回されて自分の人生がめちゃくちゃになってしまう人達も多いと思います。

私も大学生時代からお金が欲しくてたまらない人間であり、それがギャンブルを一にする一番の原因でした。

小欲で生きるということは難しいかもしれませんが、人に対する欲望を少し小さくすることで人間関係は非常にスムーズなものになっていきます。

そうなれば人間同士のトラブルや問題も小さくなっていきますよ。

自立して生きる方法を学べ

人間二十歳になったら家庭から自立して社会人になると言われています。

社会人になれば自由を獲得することができますので、自立して生きることによって自分らしく生きていくことも可能なのです。

私は奥手の人間で三十歳後半になってやっと家庭から自由になることができました。

それまで両親に色々助けてもらっており、今思えば感謝しきれないほど色々と助けてもらいました。

両親に助けてもらっていたのに素直になれない自分がいて、両親との仲はそれほど良いものではありませんでした。

しかし自分が自立することができ、両親と対等な関係になった時にやっと両親に素直になることができたのです。

だから自立するということはとても大切なことであり、相手と対等な立場になって相手のことをきちんと理解することができます。

スポンサードサーチ

自分のありのままを受け入れてもらえる相手を選べ

他人を受け入れる

もし相手に素直になれない自分がいるのならば、それは自分自身を素直に表現することがとても苦手だということです。

ありのままの自分を相手にわかってもらえれば、自分を着飾ることもなく素直に相手と付き合うことができますよ。

私も若い時代から一人に対して自分を作ってしまう性格をしていましたので、本当の自分自身を相手に見せることが非常に難しかったです。

しかし自分自信なんてそんなにすごい人間でもないと自分で感じてから、相手に対して見栄を張ったり世間体を気にすることもなくなりました。

自分に素直に生きていくことは難しいかもしれませんが、それができると本当に人生楽に生きていけます。

もし相手が自分を受け入れてくれないならば、また新しい人間関係を作れば良いだけの話ですよ。

自分自身を素直に受け入れてくれる相手を見つけていきましょうね。

全ての人に好かれるのは難しい

人間というものは全ての人間に対して愛されたり好かれたりすることは無理があります。

私も出会う人々に好きになってもらうと色々苦労してきたこともありますが、自分自身と合わない相手に無理してお付き合いすることは必要ないと感じています。

本当の自分を好きでいてくれる人だけど付き合えば無理をして生きていくこともありませんよね。

このように考えると生きていくことが非常に楽になり、自分自身の解放された素晴らしい人生を送ることができますよ。

無理をして他人と付き合って世間体を考えるよりも、自分に適した相手とお付き合いしながら人生を生きていくことが絶対に必要です。

自分が好きな人もいれば嫌いな人もいる事実

私は子供の頃から優等生だったので、誰からも好きになってもらえると過信をしていました。

家から自分に対して反発する人間や嫌いだと感じる人間に耐えることができなかったのです。

これは非常に自分よがりの考え方であって、私を嫌いな人間もたくさんいるのだと30歳ぐらいになって初めて納得することができたのです。

日本人は八方美人な人達がとてもたくさんいますが、そんなに多くの人たちに好かれようと努力することが非常におかしな話ですよ。

別に自分のことが嫌いな人間が居たって何もおかしなことではないので、気苦労することはありませんね。

素直になれない理由は人に嫌われないようにしているから

くよくよ悩むな

あなたは世間体や体面ばかり気にして、人に嫌われないように一生懸命努力しているかもしれません。

もし素直になれなく自分自身に嘘をついて生きているのならば、人に嫌われないようにすることを止めてみてはどうでしょうか?

本当の自分自身を愛してくれる人はそれほど多くはないと思います。

それなのに人間は人に好きになってもらおうと一生懸命苦労を重ねており、自分自身でない人間を演じながら他人行儀に生きていますよね。

もっと自分自身の本心を相手に見せれば良いので、嫌われた時には嫌われたと納得してくよくよ思い悩むことはないようにしましょうね。

もっと自分を出せば同じ価値観の人間が寄ってくる

私は自分自身の価値観に沿った人間と生きていくことがとても重要だと最近気づきました。

若い時は多くの人たちの間で自分自身を知ってもらおうと考えていましたが、それは非常に苦しくて自分を見失ってしまう最大の要因です。

自分自身と同じ価値観を持っている人たちが集まれば、何も無理をすることもなく自分らしく生きて行くことは可能なのです。

自分に素直になって自分の本心で生きていくことはとても心地が良いことですよ。

素直になれない気持ちは自分を守っている為

人間は自己防衛をしなければ自分を傷つけてしまいますので、自分を守る行為は大切なことではあります。

しかし自分を守ってばっかりいたところで、新しい価値観に出会うこともありませんし自分自身で埋没してしまいますよ。

自分を守ってばかりいる人間は、とても視野が狭くて窮屈な人間が多いので、もっと広い世界に自分の考えを広げてみましょう。

世界中には素晴らしいことがたくさんあり、 もっと多くの素晴らしいものと触れ合う機会があなたを待っているのです。

人に対して素直になれないあなたはそのような機会を多く失っていることと同じなのです。

自分の防御をやめて、もっと他人に素直になってみてはいかがですか?

スポンサードサーチ

まとめ

素直に人に対しても自分に対しても人生を送れない人は、自分自身を正当化したり防衛したりしている人です。

自分がすごい人間だと思えば思うほど他人に対して反発してしまいますので、自己意識をそれほど高く持つことなく相手を素直に受け入れる人間でありたいものですよね。

素直になれない人はもう少しリラックスして、他人に自分を助けてもらっても問題ないと考えてください。

自分の知らないことや有益なことを人は知っている場合が多く、スムーズな人間関係を保つことによってあなたの人生はもっと得をするのです。

素直な人間になれば良いことがあなたにたくさんやって来ますよ。

自分の人生の可能性を広げたり、より幸せに生きていくためには他人の意見に耳を貸す必要があるのではないでしょうか?