スポンサーリンク

死にたい人が楽になる方法!運動をすれば人生は一気に蘇る【本当ですよ】

動かなかったら苦しいですよね

安井です
安井です
ようこそ私のブログにお越しくださいました。
初めましてブログ治療家の安井です。
私が長年苦しんだ人生の中で、私が気づき分かった楽に自由な人生を送る秘訣を紹介します。
きっとあなたが助かる方法がありますので、人生をあきらめずのんびり生きていきましょう!

「死にたい気持ちが強くその改善方法を知りたい」

「あまり運動をせずいつもうつ状態にいる人」

この記事はそんな方に向けて書いています。

この記事を読むと、死にたい気持ちが体を動かさないことから発生していることが分かり、運動をするきっかけになりますよ。

スポンサーリンク

あなたの気持ち分かります

本当に最近の日本人は、体を動かさずスマホやテレビをじっと見る生活を送る人が多くなっています。

私もつい3年ほど前までは、パソコンばかりしている人間で、家の中で運動もせず閉じこもっていました。

しかし、最近では散歩やサイクリングが趣味になり、若い時代から死にたいと苦しんでいる自分はもういません。

私の経験から書いたこの記事を読むと、運動がしたくなり、運動をすることで死にたい気持ちを消滅させることができるようになります。

それでは私安井のブログ文章での治療を体験ください。本文へどうぞ!

人間じっとしているとうつ状態になってしまいます

よく死にたいほど悩んだり苦しんだりしている人の特徴に、ほとんど動くことなく家の中でじっとしている人たちが非常に多くいます。

これはうつ状態と言って、家の中で何をすることもなくじっと閉じこもってしまっているのです。

肉体は動かすために存在していますので、動かないとどうしても暗く沈んでしまい悩みが増えて大きくなってしまうのです。

家でパソコンやスマートフォンで長時間遊んでいる人たちなどは、鬱状態になる可能性がとても高く、体を動かさないと非常に苦しい肉体の状況となってしまいます。

長時間じっとしているのは体に毒になってしまいますので、ぜひ定期的に体を動かすことを心がけてください。

私は彼に苦しい人生を変えてもらいました

安井です
安井です
私に社会から離れ自由な人生を教えてくれた恩人
▶︎だいぽんさん
※彼の言葉で苦しい人生が楽しく楽な人生に!

肉体は動かすために存在しているのです

肉体というものは動かすために存在しているものであり、死んでしまえば肉体を動かす必要は全くありません。

これは生きている証拠でもありますので、きちんと肉体を動かして活動的な人生を送らないと人生面白くも楽しくもありませんよ。

肉体を動かすことによって内面が活動的になりますので、暗く沈んでいる状態から回復する可能性が高くなります。

死にたいほど悩んでいる人は、散歩やウォーキングなどをすることによって肉体をぜひ動かしてみてください。

気持ちが随分と楽になり生きていく気持ちが湧き上がってきますよ。

自分で自分の欲望を叶えるために人間は肉体を持っています

人間の肉体というのは、自分で自分の欲望を叶えるためにあるといっても過言ではありません。

自分の欲望を叶えて人生を自己実現するための生きているので。

とにかく動ける体を手に入れることが重要ですので、まずは運動などをして肉体を動かすと気持ちが良い肉体を手に入れることが大切なのですよ。

子供の頃はなんであんなに幸せで楽しい人生を送れたのか懐かしく思いませんか?

それは子供は何においてもすぐに行動して肉体を動かしているからです。

人生が楽になる方法は、子供に戻ったような感覚でとにかく行動第一主義に戻ることです。

やりたいことは、すぐに行動に移して実践することが重要なのです。

人生楽に生きて解放された毎日を送れ

肉体を動かせるようになると、人生の悩みや苦しみの大部分が解決していきます。

行動しないことでの悩みはものすごく大きなものですので、とにかく明日からでも動いて問題を解決する方法を身につけるべきです。

体を動かして快感を得る肉体になっていけば、世の中の全ての欲望を自分の力で叶えることが可能ですよ。

死にたいほど苦しい人は、まずは運動をすることで動ける体になりますので、散歩やウォーキングを始める習慣を身につけてください。

3ヶ月も継続していると、動くことで気持ちよく感じてきますので、楽しく楽に生きていける肉体を手に入れることができますよ。

※運動以外でも修行をすれば楽になります

安井です
安井です
私が支配から自由な人生を獲得した方法を詳しく解説
▶︎【支配から自由へ!】死にたい私が自由で楽な人生を獲得した全記録

動くことによって気持ちが楽になりストレスが解消します

現代人はテレビを見たりスマートフォンを見たり非常に多くの時間をじっとして過ごしています。

そのためストレスが非常にたまりやすく暗い人生を送る人たちが増えています。

何かを見るということは目の神経が非常に疲れてしまいますので、頭全体がうつ状態になって暗くなってしまうからです。

もし憂鬱な状態になってしまったら、すぐに庭に出たり外出したりしましょう。そうすることによって新鮮な空気を吸い、体を動かすことで脳も蘇ってきます。

基本的に家で長時間いるよりは定期的に外に外出した方が気分が晴れやかになりますので、死にたい気持ちも随分と治ってきます。

とにかく運動をした後にゆっくりと休息や睡眠を取れば肉体は自然に回復していきます。

最近ではぐっすりと眠れない人が多いですが、睡眠薬以外にも睡眠サポートサプリを使う人が増えています。

副作用もほとんどなく睡眠を誘導してくれるので、朝スッキリと起きることができますよ。

一流企業の味の素のグリナとリラクミンという睡眠サポートサプリが最近では安くて人気です。

ぜひ運動をした後ゆっくり睡眠をとりたい方は、市販されている味の素のグリナかリラクミンを使ってみてください。

スポンサーリンク

死にたい気持ちは動かないことによって作り出されてしまいます

動かなかったら死にたくなる

要するに死にたい気持ちというものは、自分の生活習慣が作り出しているものであり、生活習慣を変化させことによって随分と気持ちも内面も変化してくるのです。

生活習慣というものは非常に変えるのが困難ではありますが、日々の継続的な努力によっていくらでも変化さすことは出来るのです。

活動的な自分とじっとしている自分のバランスが取れていれば、死にたい気持ちはほとんど湧き上がってくることはありません。

安井です
安井です
ここまで読んでくれてありがとう!最後までゆっくり読んでね。

肉体を動かすことによって血流の流れが改善され健康的にも最高です

肉体を動かすということは、活動的になり血液の流れが非常に活発化するということです。

脳は血液から酸素を取り込んでいますので、血流の流れが良くなれば頭のうつ状態が相当回復していくのです。

毎朝ウォーキングをしたり散歩をしたりする習慣を身につければ、不幸な自分はどこかに飛んでいってしまいますよ。

なんだか不幸せを感じてしまう状態となる場合には、是非外出して外の空気を吸って歩いてみてください。それだけで随分幸せな状態へと変わっていきますよ。

※楽をして生きるのは肉体を動かすことです

ネット時代には特に運動は必要

私も学生時代自分の部屋でインターネットばかりしていましたのでうつ状態になる場合が多く、死にたい気持ちが湧き上がってくることが何度となくありました。

今では毎朝散歩をしたりしながら体を動かす習慣を身につけています。

体を動かす生活習慣を身につければ、死にたい気持ちは随分楽になってきますので、是非散歩やウォーキングを実践してもらいたいと思います。

きっとあなたも幸せな状態へと変化していくことは間違いありませんよ。

※記事を読んでもなかなか死にたい気持ちが解消されない人は以下の記事を読んでください

人生楽になる方法はとにかく行動が必要になる

多くの人は、自ら行動できないが故に多くの悩みや苦しみを抱えています。

例えばお茶が欲しい時に、自分で冷蔵庫にお茶を汲みにいけば悩みや問題は全くありません。

しかしそれができない場合、他人に命令したり他人を利用することで、自らの欲望を自らの行動で実現できなくなります。

そんな時に欲望を思い通りにならない状態になり苦しむ結果を招いてしまうのです。

人生楽になる方法とは、とにかく自分の欲望を素直に自分の行動で解決することですので、何もせずにじっと黙ったままではなく、自らの行動がとても必要になってくるのです。

お金が欲しい人でもそうですよ。

自ら働かない人は、他人からお金をもらうことしかできないので、何もしない自分に苦しみや悩みを抱いてしまうのです。

死にたい気持ちは肉体を動かして快感を得ないから

死にたい気持ちが大きい人は、総じて自分で行動するのが嫌で動かない人に多いのです。

家の中でじっと黙ったまま何もしないでいると、精神的におかしくなってしまい苦しくて死にたい気持ちが湧いてきます。

きちんと自分で肉体を動かして生きていくことは、肉体や精神上非常に健康な証拠ですので、とにかく自分のことは自分で動いて解決する行動力が必要ですよ。

人生楽になる方法は修行をするのと同じ

人生を楽になる方法は、まるで修行をしているのと同じであり行動が全てを解決していくことを知ることです。

何もできないまま動かずいると、次第に精神的に衰弱するので、行動して自発的な人間へと生まれ変わりましょう。

まずは自分の自宅で自分のことは自分で行う修行を行えば、あなたの死にたいほどの苦しみや悩みは解決の方向に進んでいきます。

私も10年ほど前にうつ病で苦しんでいた時期があります。

医者の先生の言うことをきちんと聞いて、自分の家で家事をやっていく中でどんどんと精神的に楽になっていったことを思い出します。

現在でも家での家事の5割ぐらいは私がしていますが、これが修行と同じような効果を生み楽にいきていくことができるようになりました。

それと合わせて毎日1時間ぐらいのウォーキングを行なっています。

死にたい人が楽になる方法!運動をすれば人生は一気に蘇る【本当ですよ】のまとめ

人間の体は動かすためにできており、動かずじっとしていれば自然と苦しみが増大していきます。

これは、自律神経が正常だという証拠であり、人間の精神は健全に体を動かしていると快楽を感じるようにできているのです。

当然疲れた時には休息をとれば副交感神経が働き気持ちよくなってきます。

自律神経を正常にするためには、自分で動いて行動をし、そして動いた後にゆっくりと休む習慣を身につけることです。

また自分の欲望を自分の行動で解決する人は、悩みや苦しみも少なく幸せにいきていけるのです。

散歩やウォーキングなどの運動をしっかり行い、動ける肉体を手に入れることが幸せの近道になります。

動けず死にたいほど苦しんでいる人は、まずは肉体を運動で動ける体にしていくことが大切なののです。

私が自由な楽園生活を手に入れた方法とは?

安井です
安井です
私が自由な人生を送れたのはある1冊の本を読んだから
▶︎私を救ってくれた無料の電子書籍とは?
※どうすれば社会から自由になるか分かりますよ!

関連記事もどうぞ

死にたい人が助かる方法
スポンサーリンク
死にたい人に読んでほしいブログ著者
この記事を書いたい人
安井 荘太郎

死にたいほど苦しい人生を20年間歩んでいました。現在は岡山の田舎でのんびりブログを書きながら田舎暮らしをしています。私の経験から多くの人が少しでも楽に人生を送ってくれれば嬉しい限りです。

安井 荘太郎をフォローする
死にたい人に読んで欲しいブログ