スポンサーリンク

気が小さい人が人間関係で上手くいく5つの法則【弱点は長所!】

気が小さい人へ

最近は昔みたいに自分の意見を堂々と発言する人が非常に少なくなっていて、どことなく率先力や意思の力が弱い人たちが増えています。

人間関係というものは自分の意見や意思を相手に伝えることから始まっていきますが、気が小さい人はなかなかそれができず悩んでいる人たちも多いはず。

気が小さい人はどうしても人間関係で相手に遅れをとってしまうことから、損な役回りをしてしまう人も多いのです。

社会というものは自分の意見を堂々と相手に伝えることができて一人前とされていますので、気が小さい人はなんだか子供みたいに思われてしまうからです。

それでは気が小さい人はどうすれば良いのか?

人間関係を作る上に置いて、役に立つテクニックや人間関係の作り方を紹介していきます。

それでは記事を読んで行きましょう。

スポンサーリンク

私も子供の頃から気が小さく悩んでいました

私も子供の頃からとても気が小さい人間で、人前にいると緊張してしまいうまく話すことができない人間でした。

だから自分の意見を他人に伝えたことがほとんどなく、周りの人間の雰囲気によって自分の意見をコロコロと変えてしまうことも多かったです。

結局主体性を持って自分らしく生きることがなかなか出来ずにいましたので、私は子供の頃から自分の気が小さいことに劣等感を持っていました。

自分の意見を堂々と発言する人がなんだかすごい人に見えてしまって、自分は臆病者で自分の殻の中に閉じこもるタイプだったのです。

しかし大人になってそれではうまく生きていけないことが理解できるようになりました。

でも自分の性格を変えるということは非常に困難なことであり、私はこれから先どのように人間関係を持って生きていけば良いのか分からなくなってきたのです。

しかし色々と悩み抜いた挙句、うまく人間関係を持つコツというものを発見することができました。

気が小さい人が人間関係で上手くいくコツ5つの法則

それでは私が考え抜いて発見した気が小さい人が人間関係をうまくやっていくコツを紹介していきます。

1:とにかく良い人でいるように

どうしても人間関係がうまく行かなくなった時に、人間関係が悪くなる一方で腹を立ててしまったり喧嘩はしたりする可能性があります。

基本的に気が小さい人は良い人である必要があるので、他人と協調ができない自分でしたらおそらくこの先も人間関係でうまくいくことはありません。

だから自分は良い人間として他人と付き合うことが最も重要です。

良い人というものは周りの雰囲気を和やかにしたり穏やかにしたりする特殊な能力を持っています。

自分が存在するだけで他の人が安心してもらえるような良い人間になるよう努力しましょう。

2:他人の意見をよく聞くこと

気の小さい人は自分の意見を率先的に発言することが難しいので、相手の言葉をきちんと聞いて聞き役に徹することが重要です。

人間というものは自分の意見や言葉を聞いてくれる人がいるだけでも随分と助かるものですよ。

だからあなたも相手の意見をよく聞いてあげて、相手に話しやすい人間であると認識してもらいましょう。

そうすることによってあなたは集団の中でも友達の中でも必要な人間として存在することができます。

3:相手に上手く合わせること

後は協調的な人間にならないといけませんよ。

人間関係が下手な人は自分のことばかり相手に押し付ける人がとても多く、相手にうまく合わせることが困難になってきます。

このような人間関係を作っていれば、決して自分にプラスに働く関係を維持することはできません。

気が小さい人は少しでも相手に協調的な部分を見せ、相手の意見や思いを汲み取ってあげるようなそんな人間になってください。

そうすればあなたは周りの多くの人から好意を持たれることになるでしょう。

4:人の悩みや困ったことに寄り添う

人間というものは自分の悩みやトラブルを他人に話して少しでも楽になりたいと思っています。

しかしそう自分の問題やトラブルを人に話すことができる人はさほど多くありません。

どうしても自分の中に抱え込んでしまいそれを外に出すことが難しいのです。

そんな時にあなたが人の悩みや困ったことに寄り添うことができれば、あなたの存在意義は非常に高いものへと変わっていきます。

あなたと話している相手が落ち着いて気分が楽になるようなそんな人間になってくださいね。

5:まずは自分から相手に好意を寄せる

後は気の小さいとは人間関係や友達を作ることが下手だと思うので、相手の行動を待っているだけではなかなかうまくいきません。

そんな時には自分から相手のことに好意をもって接することも重要です。

奥手の人もとても多くいますが、やはり人間関係をうまく作ろうと思えば相手に興味を持たなければなかなか難しいのです。

多くの言葉を話さなければいけないわけではなく、言葉足らずですが少ない会話でも十分に相手と良好な人間関係は作れますよ。

まずは相手に興味を持って自分から好意を寄せてあげるそんな人間になりましょうね。

とにかく弱点ではなく長所だと思うように

気が小さい人は自分の弱点が人生の中で大きくマイナスの影響を及ぼすと考えている人も多いですが、気の小さいことをうまく長所に変えていくことも大切ですね。

何でも自分が下手だと思うことはそれが転じて長所となる部分もあるのです。

決してマイナス思考に陥ることなく、自分がもっと自分の性格で幸せな世界を作ることもできるものだと実感してください。

投げやりにならず自分らしく生きていくには自分の性格を上手く活かすことが重要ですよ。

まとめ

私も子供時代から気が小さい人間として友達との関係でもなかなかうまくいかず悩んでいました。

自分から意見を言うことができない人間というものは、どうしても集団の中に入ると損をしてしまう可能性が高いのです。

しかし気が小さくても人間関係が全くダメなのかといえばそういうわけではありません。

自分の特徴をうまく活かして人との関係を大切にすれば、きっとあなたは多くの人から必要とされる人間となっていくはずです。

それでは今日からでもうまく人間関係を作りながら人生を幸せに生きていてくださいね。