スポンサーリンク

死にたい人は美味しいものを食べることで精神的にも随分楽になりますよ【食事は人を救う】

食事を楽しむ女性

食事を楽しんで人生を豊かに生きる

スポンサーリンク

人間は食べることが楽しみでなくてはならない

私は幼少期の頃から厳格な家庭に生まれて非常に厳しい教育を受けてきました。

何でも一生懸命頑張ることが最善とされていて、私は子供の頃からほとんど自分の自由がなく両親に支配されているようなそんな人生だったのです。

あまりにもストレスが溜まっていて食事が全く美味しいと感じることがない状態でした。

大人になった今では、昔みたいな親子関係ではなくなり仲の良い人間関係を両親と気づくことができています。

よって家庭の中でのストレスもほとんどなく食事が非常においしいと大人になって初めて実感できるようになりました。

思春期の頃には精神や心が安定せずに死にたいという気持ちが非常に強い状態で、私はエリート人生から脱落してしまい苦しい青年時代を送っていたのです。

そのような私が食べることが大好きになり今では体重が80 kg 超えています。

子供の頃にはやせっぽちでひ弱な肉体をしていましたが、今では精神的にも安定して死にたいという気持ちはほとんど湧いてこなくなりました。

やっぱり食べることが大好きだということは人間にとって幸福を感じる最高の楽しみなのです。

精神的にストレスがかかってしまえば食事が美味しくなくなる

基本的に人間は精神的なストレスがかかってしまえば胃に負担が増えてしまい、自然に食事をしたくなくなってしまう状態になります。

ではどのように対処すればいいのかと言うと、精神的なストレスを緩和させることが大切なんです。

神経は張りつめてしまうとなかなか元の状態に戻らなくなってしまう人たちが多く、そのような場合は過度なストレスによって食べることができなくなってしまいます。

まずは温かいシャワーを浴びてのんびりとリラックスした状態になりましょう。

その後はソファーでゆっくりと熱いコーヒーやお茶などを飲んでのんびりとストレスを解消する時間を作ることです。

そうすることで自然にリラックスができる状態になり、食欲も湧いてくることは間違いありません。

とにかく精神を集中させてストレスが溜まったと感じた場合には、少しの間休憩時間を取り精神を落ち着かずことが重要です。

これを無視してしまってストレスがかかった状態で長くいると、副交感神経が働きづらくなってしまいストレスがかかった状態を継続してしまうのです。

少し集中したら少しの間休憩する生活習慣を身につけてくださいね。

食文化を楽しみながら幸せな人生を送りましょう

食文化を楽しみながら生きるということは、人生にとってとても楽しみで幸福なことでありますよね。

食事が美味しくないと感じる人よりも、食べることが大好きな人の方が何倍も幸せだという研究データもあります。

あなたもストレスでなかなか食事が喉に通らない状態だと思いますが、体をリラックスさせて落ち着いた状態で過ごせば食欲は自然と湧いてきます。

食事が好きになり人生が楽しくなってくれば死にたいという気持ちもどんどんと少なくなっていきますよ。

まとめ

食事がなかなか喉を通らず少食で生きている人は人生の楽しみを放棄しているような人です。

精神的なストレスが大きくなってしまえば、自然と胃が収縮してしまい食欲が減退してしまいます。

そのような状態になった場合には不幸を感じやすくなってしまい、自然と死にたいという気持ちが沸き起こりやすくなってきます。

だからストレスを適度に解放してのんびりとすることが重要ですよ。

そうすればあなたの死にたい気持ちも徐々に回復していくでしょう。

食べる事で人生の楽しみをぜひ実感してくださいね。