スポンサーリンク

性欲をためずに自慰行為を適度にすれば死にたい気持ちは楽になるよ【我慢するな!】

自慰行為で楽な人生

性欲をため過ぎるのは危険ですよ

スポンサーリンク

人間は性欲があって当たり前だ

人間というものは男か女に生まれてきているわけなので異性に対しての性欲があって当たり前ですよ。

よく高尚な人が性欲は卑猥なことであると言っていますが、それは彼らだけの特別な世界であって一般人の私たちには全く意味のない話です。

日本人は性欲をマイナスイメージと捉える人も結構たくさんいますが、そのような考え方に洗脳されてしまえば人生が台無しになってしまいます。

自分がやらしい人間だとかスケベな人間だとかそんなこと考える必要はなく、素直に異性に対する性欲を肯定的にとらえるべきですよ。

相手に対して自分は性欲がないと考えることほど精神的に異常な状態なのです。

特に若い男女ならばそれは当たり前のことで、消してマイナスイメージを持たないことをお勧めします。

性欲を我慢して自慰行為をしないのは不幸の元

性行為というものは当然男女の関係があって成り立つものですが、基本的に異性とお付き合いすることがなかなかできず結婚もできない人は世の中に沢山います。

そのような場合には自分の自宅で自慰行為をするのが普通ですので、オナニーをしても全く恥ずかしいことではありませんよ。

私も現在43歳のおじさんですが、彼女もいなければ結婚もしていません。

だから定期的に性欲を発散させるために自慰行為をしています。

特に性欲が溜まってしまうとなんだか苦しい状態になってしまいますので、きちんと性欲の処理をするということは大切なことですよ。

あなたも性欲が溜まって死にたいほど苦しい状況になっていませんか?

性欲が溜まりすぎるとマイナス的なイメージが非常に強くなってしまい、苦しみの人生を送る人も非常に多いのです。

もしあなたが死にたいと感じているならば、それは性欲の処理がきちんとできていない場合が多く、自慰行為やオナニーできちんと処理をしてくださいね。

私はもう結婚しようとか女性と付き合おうとか考えておらず、普通に性欲が溜まったらオナニーをしているだけです。

結局性欲が発散できれば、それで良いのだと割り切るのも必要なことですよ。

人間的な欲望を抑えることは死を意味する

人間というものは性欲によって人生が作られてると言っても過言ではありません。

だから性欲を否定するということは人間として死を意味するのと同じことなのです。

自分がいやらしい人間だとかそんなことを考える必要はなく、素直に自分が真っ当な人間であると考えてくださいね。

きちんと性欲の処理をしていれば肉体は苦しむことは少ないので、死にたい気持ちというものも随分と楽になっていきますよ。

私も大学生の頃は性欲が非常に溜まってしまい、そのせいでイライラしたり何も手のつかない状態になってしまった経験があります。

きちんと性欲の処理をしていれば人生楽しくフレッシュ生きていけますよ。

まとめ

やはり人間というものは男女に生まれてきますので、異性に対する性欲というものを当たり前に持っています。

これを否定するということは人間を否定するのと同じことなので、絶対に自慰行為やオナニーにマイナスのイメージを持たないでくださいね。

きちんと性欲の処理ができていれば死にたい気持ちも随分楽になっていきますので、なんだか訳が分からず死にたいと苦しんでいる人は性欲が原因の場合が多いです。

性欲をうまく発散させて幸せな人生を送ってください。