スポンサーリンク

自分の話を人に聞いてもらうと死にたい気持ちが楽になる【思いや意見を話せ】

楽しく会話する女性

話をすることで死にたい気持ちが楽になる

スポンサーリンク

死にたい人間は無口で恥ずかしがり屋が多い

死にたいと感じる人の多くに自分の意見や思いが全く誰にも話さない人が非常に多いです。

小心者で無口な人間は人に話をすることができない人たちが多く、自分の内面に悩みや苦しみを長期間ずっと溜め込んでいる人が多いのです。

自分の外に自分の内面を発散しないとどんどんとたまってしまい、最終的に自分自身を苦しめる結果となってしまいます。

私も子供の頃から人と全く話をしない子供だったので、自分のどうしようもないやるせなさや苦しみが体の中にずっと溜まっていました。

もしあなたが無口な人間ならば、何とかして親兄弟や友達に自分の考えや想いを伝える努力をしなければなりません。

自分の口で話をしてみると気分がスッと晴れやかになっていきますので、是非自分の内面に溜め込んだ想いを外に吐き出してください。

そうしないといつまでたっても苦しみは続き、死にたい気持ちが解消されない事態となってしまいます。

話を伝えることで自分の苦しみが解放される

人間は自分の内面に色々な思いや考えが渦巻いているので、それを話をするということで解決しようとします。

もし何も話もしないし行動もしなかったら、解決できない悩みや苦しみが体の中にずっと存在するということなのです。

死にたい人やうつ病の人にはこういった傾向が非常に強く、人とおしゃべりをしなかったり話をしない人が大多数です。

話をするだけでも随分と楽になり、自分の悩みや苦しみは霧が晴れたように爽快な気分になっていきます。

きちんと話をすることが大切で、それが出来ない人は解決できない悩みや問題で一生悩み続けると思いますよ。

私も心療内科で話しています

私も子供の頃から何も話さない無口な人間でしたが、死にたいほどの苦しみが強くなった20代後半ぐらいに心療内科に通いました。

その時に自分の思いや意見を先生に伝えることで随分と楽になったことを思い出します。

もしあなたも誰も話をする人間がいないのでしたら、素直に心療内科に通って先生に自分の話したいことや解決できないことを伝えてみることが重要です。

内面にずっと溜め込んだ状態で暮らしていると、精神的にも肉体的にも非常にマイナスになってしまい苦しい状況がずっと続いてしまいますよ。

心療内科の先生ならば何でも話を聞いてくれるので、自分の本当の内面を外に表現することも可能になってきます。

もしあなたが小心者で無口な人間ならば、是非話をする相手を絶対に見つけないと一生苦しむことになりますよ。

話をしてしまえば悩みに悩んでいた問題や苦しみも案外単純に解決してしまうものです。

まとめ

日本人は人とおしゃべりをするのが苦手な人たちも非常に多く、自分のか解決できない問題や悩みを内面に溜め込んだまま生きている人たちが多いです。

話をすることで随分と気が楽になって、悩んでいたことも跡形もなく消えてしまう場合も多いです。

もしあなたが両親や友達と話をする機会が全くないのならば、是非心療内科の先生に話を聞いてもらってください。

先生に話をするだけでも随分と楽になって気分爽快になりますよ。

死にたいほど苦しむ人は是非話をすることで自らの苦しみを解放してくださいね。